プロミスの審査基準と審査に通りづらい仕事・属性

標準

プロミスの申し込みの基準としては、20歳以上69歳以下で安定した収入のある人であれば、申し込みができます。しかし現実には、申し込みをしたとしても審査の段階で落とされている人がたくさんいます。
プロミスの審査基準としては、申込者の信用情報に、長期延滞や債務整理、強制解約、代位弁済などの記録がひとつでも残っている場合には、審査に落ちるといえるでしょう。長期延滞とは2から3ヶ月以上支払いが滞ることで記録が残り、支払いをしたとしても、1年から5年間は記録が残ります。その他の合法的に借金を整理する債務整理、長期延滞や契約違反を行い強制的に契約を解約させられる強制解約、保証会社が支払いを建て替える代位弁済では5年間記録が残るので注意が必要です。
そして審査基準の二つ目に他の賃金業者から年収の3分の1までの金額を借りていた場合には、審査に落ちることとなります。また他の消費者金融からの借り入れが5社以上ある場合にも審査には落ちるといえるでしょう。審査基準の三つ目は安定した収入がないこと、審査基準の四つ目には過去にプロミスで30日以上の延滞があった場合にも審査に落ちることとなります。
プロミスの審査に通りづらい仕事としては、タクシー運転手、作家、漫画化、作詞家、作曲家、芸能人、スポーツ選手、糖しか、フリーライターなどの職種は審査に落ちる可能性が高いです。基本的にフリーランスは審査を通過するのは難しい職種といえます。
http://xn--u9jwc5gterb5e0550abewb.club/